ちょものコツコツ投資でいつかは配当生活

会社員が少額でコツコツ投資するブログ。米国株・投資信託中心です。

年度末に思うこと

今日で2018年度の出勤は終わりです。毎年、年度末になると業種や職種によっては「何とか年度末に終わらせないといけない」仕事があ有るんだろうなと思います。私も以前居た部署はそういう所でした。恐らく投資でもプロの方々は同じで、今年度(もしくは今年)…

二重課税されないADR株とは?

アメリカ株を保有されている方はご存知でしょうが、外国の株を保有していると配当金を受け取る際に、まずアメリカでの所得税として10%が課税されて(引かれて)しまいます。さらに日本での約20%の課税がありますので配当金の受取額は、「配当金×0.9×0.8」と…

本当の初心者が意外と知らない世界全体への投資方法

今回は私自身が株式投資を始めて、国内株を売買していたときに知らなかったことを書いておきたいと思います。 先日、改めてインデックスについて書きました。その中で、S&P500というインデックスを越える運用は難しいと書きましたが、S&P500とは S&Pダウ・ジ…

改めてインデックスとは?

投資信託を調べ始めるとインデックスという言葉を良く目にするようになります。すでに投資をしている方々には説明する必要もない言葉でしょう。ですが、私自身が投資を始めた当初、恥ずかしながらインデックスやインデックス投資信託を知りませんでした。で…

株主優待と配当のどちらを選ぶべきか。

株や投資信託を調べたことがある方なら、株主優待と言う言葉を聞いたことがあると思います。株主優待だけで生活されている方の話もテレビに取り上げられているため、株に興味のない方もご存じだと思います。 ちなみに私は株主優待のある株を保有していません…

新社会人はいつから投資を始めるべきか。

4月から新年度が始まり新社会人の方はもちろんのこと、私のように何年も働いている方も多少は次の年度のことを考えると思います。 新社会人の方は今後40年、定年が延びればそれ以上働くことになります。サラリーマンの場合は毎月給料を手にする期間がそれだ…

国がiDeCo・Nisaを始めた理由

あくまでも私個人の考えですが、iDeCo・Nisaという税金を繰り延べまたは還付するような制度を国が始めた理由は、現在の年金制度が維持できないから、個人個人で備えてね。と言うことだと思います。 日本の年金は現役世代が受給者(高齢者)を支えるという制…