ちょものコツコツ投資でいつかは配当生活

会社員が少額でコツコツ投資するブログ。米国株・投資信託中心です。

悩みたくない人へのオススメ投資信託

以前の私が感じたように毎日株価を心配したり、いい銘柄を選んだりすることは疲れます。ですので、コツコツ投資ほったらかし投資にオススメの投資信託を紹介していきたいと思います。今回は複数の投信でポートフォリオを組むのではなく、1つを選ぶならと言うことで考えています。

 目次

 


1.なにも考えたくない方向け

企業の浮き沈みや、国、地域の景気さえも気にしたくない。大きな損もしたくない。
そんな方には世界に丸っと投資できるこちらがオススメです。
楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド
メリット

  •  世界全体の株式に投資できる
  •  インデックス投資の元祖ヴァンガード社の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」への投資と言う安心感
  •  低コスト…信託報酬0.1296%

デメリット

  • 短期間での大きな値上がりは期待しにくい


2.迷ったら先進国がオススメ

世界の株式の時価総額の約90%を北米やヨーロッパをはじめとした先進国が占めています。その先進国にまとめて投資できるオススメの投資信託がこちらです。
ニッセイ外国株式インデックスファンド
但し、日本は入っていません。もちろん、日本は先進国ですがこちらの投資信託が「日本を除く主要先進国の株式に投資することにより、MSCI コクサイ インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果」をめざしているからです。
メリット

  • 世界の株式の約90%に投資できる
  • 先進国=政治不安がある新興国は除かれていると言う安心感
  • 低コスト…信託報酬0.11772%

デメリット

  • 中国などの今、勢いのある国が含まれていない
  • 短期間での大きな値上がりは期待しにくい

3.インデックス投資の王道

インデックス投資と言えばS&P500ですね。S&P500とは、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500種類を選んだインデックスです。ウォーレンバフェットが奥さんに進めたという話が有名です。ここ約50年の平均年利は10%もあります。他を探せばもっと高い利率のものは有りますが、特定の企業や業種(セクター)をしぼるのは大変という方におすすめなのがこちらです。
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
メリット

  • 世界の約54%を占めるアメリカの代表的な企業に投資できる
  • 過去の実績があり安心感がある
  • 低コスト…信託報酬0.1728%

デメリット

  • アメリカ1国への投資となるため、1国の為政者の影響を受けることもある

 

4.まとめ

オススメの投資信託を3つ紹介しましたが、いずれもアメリカへの投資比率が高くなると言うのが共通しています。現在、それだけ市場規模が大きい国だということです。

ですので、アメリカへの投資を避けて通れないと考えて、

一番オススメは過去の実績からも、

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

です。

私自身も毎月積み立てていますので、自信を持ってオススメできます。


以上、これからほったらかし投資を始める方にオススメの投資信託の紹介でした。
まずは、月1000円はからでも始めてみてはいかがでしょうか。


皆さんの参考になれば幸いです。